生活の個人化が進んで、同じ世代の中でも皆が「独り暮らし」と表現される今日、死んで数年たっても気にしてくれる人が・・・